NPO法人 ここずっと since 2011

『ここdeシネマ』ついて

コミュニティ・シアターとしての〈ここdeシネマ〉開催活動

~いい映画をこのまちで このまちのひとと~

私どもは、2015年度より<ここdeシネマ>という連続上映会開催活動を開始しています。 そして、まちづくりの視点で展開される「バリアフリー上映」を実現してまいりました。

原則、バリアフリー上映を掲げたことは、障がい当事者だけでなく地域高齢者に映画鑑賞の機会を通じて、貴重な情報保証の役割を実現して「コミュニティ・シアター」の意義を果たしてきたと自負するものです。

ともに生きるまちの人たちへの情報保障として

日本は2007年9月に障害者権利条約に署名、批准に向けての国内整備として、2017年度よりすべての公共放送の100%字幕付与、10%に音声ガイド付与が義務付けられました。また、2013年6月障害者差別解消法が成立、2016年4月施行と、市民社会のバリアフリー化が求められているなか、現況におけるメディア・バリアフリーのための字幕・音声ガイドについては社会的認知が進んでいず、制作者は圧倒的に不足。バリアフリーという社会変革の担い手となる制作者の養成は社会的に喫緊の課題となっています。

また、バリアフリー映像鑑賞の動きを通して、地域におけるバリアフリーの新しい認知が拓かれ、それが、市民社会のあたらしいあり方・文化を提示するしていくことを期待しております。

ここdeシネマ開催活動のなかで得たスキル

  1. 音声ガイドづくり(録音作業、映像への付与編集)
  2. 字幕制作スキルを獲得(映像への付与編集)
  3. 音声コードのフライヤーへの使用
  4. UDトークの活用(オペレーター養成への貢献)

主に上記4点のスキルを得て、市民活動へのスキル提供、共有化を求めていこうと考えています。
具体的には、UDトークの活用スキルを2020年11月29日の「津久井やまゆり園事件を考え続ける会」主催のシンポジウムにおいて提供。講演内容の文字化に貢献しました。(写真参照)

上映予定作品 「はりぼて」2021年4月28日 於:相模原南市民ホール

cococine16th-haribote

フライヤー画像をクリックすると新しいウィンドウでPDFファイルが開きます

“有権者に占める自民党員の割合が10年連続日本一”である保守王国、富山県。2016年8月、平成に開局した若いローカル局「チューリップテレビ」のニュース番組が「自民党会派の富山市議 政務活動費事実と異なる報告」とスクープ報道をした。この市議は“富山市議会のドン”といわれていた自民党の重鎮で、その後、自らの不正を認め議員辞職。これを皮切りに議員たちの不正が次々と発覚し、半年の間に14人の議員が辞職していった。

その反省をもとに、富山市議会は政務活動費の使い方について「全国一厳しい」といわれる条例を制定したが、3年半が経過した2020年、不正が発覚しても議員たちは辞職せず居座るようになっていった。記者たちは議員たちを取材するにつれ、政治家の非常識な姿や人間味のある滑稽さ、「はりぼて」を目のあたりにしていく。しかし、「はりぼて」は記者たちのそばにもあった。

 本作は、テレビ番組放送後の議会のさらなる腐敗と議員たちの開き直りともいえるその後を追った政治ドキュメンタリー。あっけなく辞職する議員たちの滑稽な振る舞いは、観る者の笑いを誘わずにいられない。追及する記者を含めた私たちは、腐敗した議会や議員たちを笑うことしかできないのだろうか。果たして「はりぼて」は誰なのか?地方からこの国のあり方を問うドキュメンタリーが誕生した!【作品公式サイト https://haribote.ayapro.ne.jp より】

上映日時: 2021年4月28日
昼の部 PM2:15~ (会場 PM2:00) / 夜の部 PM6:15~ (開場 PM6:00)

於 相模原南市民ホール 相模原市南区 相模大野 5-31-1 合同庁舎内 相模大野駅下車 徒歩 15 分 入場料 1000円

ここdeシネマの記録

第0回から15回までの記録をPDFファイルで公開しています。

別ウィンドウで開く

過去の上映作品

フライヤー画像をクリックすると新しいウィンドウでPDFファイルが開きます

「ある精肉店の話」フライヤー画像 「沖縄うりずんの雨」フライヤー画像 「アラヤシキの住人たち」フライヤー画像